Relay2

Relay2

概要

  • 高度なWi-Fi機能

    高度なWi-Fi機能

    優れたユーザビリティー

    • ・プラグ&プレイでサービス開始
    • ・統計データの収集可能
    • ・1台のAPを8台まで仮想化可能

    ハイキャパシティー

    • ・今後のAPに求められる大容量
    • ・250台同時接続可能
    • AP: Access Point
  • 高度なWi-Fi機能

    エッジコンピューティング機能

    インテリジェントアクセスポイント

    • ・サーバー機能搭載(1GB メモリ、8GB SSD)
    • ・最大128GBまでのストレージを選択可能
    • ・エッジへのアプリケーション搭載が可能
    • ・SDK, APIを無償提供
    • ・最新VersionはDocker対応
    • SSD: Solid State Drive
    • SDK: Software Development Kit
    • API: Application Programing Interface
  • ワイヤレスバックホール機能

    ワイヤレスバックホール機能

    LTE ドングル利用可能

    • ・移動体でのWi-Fi利用環境構築(バス・電車)
    • ・インターネット回線接続時のバックホールとして活用
  • キャッシング機能

    キャッシング機能

    コンテンツ配信

    • ・各種ファイル・画像・動画をAP内に格納しておき、
      APから直接ダウンロードして利用可能
    • ・ダウンロード速度を劇的に向上
    • ・バックホールの通信帯域を数十分の一に節約

なぜエッジコンピューティングか

ネットワーク・デバイスの高度化、IoTの普及に伴い処理されるデジタルデータ量が爆発的に増加しています。加えて、リアルタイムアプリケーションの利用拡大によって更なる低遅延通信のニーズも拡大しています。

・IoT デバイスによる店内データの分析活用を検討されている飲食店・ショッピングモールといった小売業界
・オンデマンドコンテンツ配信やデジタルサイネージを活用して映像配信を行うホテル
・デジタル教材や ICT を活用した授業を検討されている学校

上記の様な多様な業界に対して、Relay2のエッジコンピューティング技術を活用し、お客様の課題解決を実現します。

Relay2で実現できるエッジコンピューティングとは

  • ランニングコスト削減

    ランニングコスト削減

    通信量/通信コスト/
    解析コストの削減

  • セキュリティリスクの低減

    セキュリティリスクの低減

    顔画像等、プライバシー関連
    情報をクラウドにあげる必要なし

  • リアルタイム性の確保

    リアルタイム性の確保

    ネットワークを介さず高速
    リアルタイム処理可能

  • 従来 クラウドで処理
  • 矢印
  • 今後 エッジで処理(クラウドには結果のみ送信)

エッジ機器を通じたソリューション提供

スマホ上でのアプリケーション提供と同様に、現場に導入したエッジ機器(アクセスポイント)を起点として各種ソリューションを提供します。

  • スマートフォン
  • 矢印
  • エッジ機器

基本機能

ストレージ機能(エッジコンテンツホスティング)

AP内に動画や資料などのコンテンツを格納し、Wi-Fiユーザーに提供します。
・バックホールへの負担を軽減させ、ダウンロード速度を劇的に向上
・災害時等にバックホール回線が切断された状況下でも、AP内に保存した情報・コンテンツの利用が可能

ストレージ機能(エッジコンテンツホスティング)

キャッシング機能

あらかじめAPにキャッシュするWebドメインを登録可能です。

・指定ドメインへのアクセス時間の短縮
・1人目がコンテンツをダウンロードした際に、AP内にキャッシュすることで2人目以降はAPから直接ダウンロード可能
・ダウンロード処理の高速化やバックホール回線への負荷軽減

キャッシング機能

ワイヤレスバックホール機能

LTEドングルを使用することで携帯キャリア回線によるバックホール構築が可能です。

・APの設置場所を簡単に変更したい場合や、有線LANを敷設できない環境(バスやイベント)でも、LTE回線を使用してWi-Fiの利用が可能

ワイヤレスバックホール機能

事例

キャッシング機能活用事例:Windows Updateキャッシュ

マイクロソフトのWindows10更新プログラムのダウンロード負荷・ダウンロード時間を軽減します。

  • 導入前
  • 矢印
  • 導入後

お問合せ