Relay2の活用事例

Relay2

GIGAスクール
ネットワークインフラ構築

GIGAスクール構想とは『1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、特別な支援を必要とする子供を含め、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育環境を実現する』ものです。
具体的には生徒1人1台でのPC運用、各種クラウドサービスの活用、校内ネットワークインフラの構築が必要となります。
Relay2を活用すると、生徒が使用するクラウド上のコンテンツをエッジ上にキャッシュしWi-Fiで配信するため、わざわざクラウドにデータを取りに行く必要がなく、遅延のないスムーズな運用が実現できます。
また回線も通常の光回線に加え、LTE回線を用いた柔軟な運用が可能です。

教員や生徒1人1台でLTE回線を利用した場合

課題

多数の端末がクラウドサーバーにある
ファイルに同時アクセス

  • 帯域圧迫し通信遅延
矢印
教員や生徒1人1台でLTE回線を利用した場合

導入効果

クラウド上のデータをRelay2にキャッシュ

  • 帯域圧迫帯域を節約し、高速ダウンロード
  • LTE回線を活用すれば工事レスで導入

店舗Wi-Fi構築

店舗でWi-Fi網を構築するには通常は有線回線で運用しますが、Relay2を活用することで、有線回線に加えLTE回線でのWi-Fi網の構築が可能です。
これにより有線開通工事が不要のため、導入費用が大幅に削減できます。
またプラグ&プレイでの導入により、工事日程調整や立ち合いといった店舗側の対応も必要ないため、導入に当たっての現場スタッフの負担が大幅に軽減できます。
更に導入後もクラウド管理により、遠隔で柔軟に多店舗の設定・運用が可能です。

導入イメージ

  • 1

    LTEドングルを使用することで
    携帯キャリア
    回線を用いてWi-Fi網を構築

  • 2

    有線開通工事不要で、
    プラグ&プレイで利用開始

従来と今後

導入の流れ

従来と今後

最短一ヶ月~

オフィスのネットワーク
インフラ構築

企業によっては定期的に数百台から数千台規模のWindowsアップデートを行う必要がありますが、同時に回線を占有してしまうため、通信が遅くなり、通常の業務に支障をきたす場合があります。
Relay2のキャッシュ機能を活用することで、自社でWindowsアップデートサーバーを構築することなく、Windows10更新プログラムのダウンロード負荷・ダウンロード時間を大幅に軽減することが可能です。
また同様に各種ウェブコンテンツのキャッシュ、各種ファイルもRelay2に保存することで、社内で共有・高速ダウンロードが可能となります。

従来と今後