INTERVIEW

Interview02
岡田 桃子
2015年入社
スマートライフ事業
営業
PROFILE

文学部卒業。英語を中心に学び、自らの強みとした。最近ハマってしまったというテレビゲームでは、仲間と対戦できるゲームがお気に入り。

新たな挑戦に、身を委ねていたい。

 自ら主張していかなければ、いつまでも認めてもらえない。自らの存在が埋もれてしまう……。岡田は父の海外赴任についていくかたちで、アメリカ・カリフォルニアで過ごした経験がある。まったく英語を話せない状況で、授業を聞き取ることすらできない。友人と会話も交わせない。まるで異世界に放り込まれたようだったと岡田は話す。
 「戸惑いはありましたが、物怖じしていても何も変わらないですからね。積極的に自らの意見を発し続けることで、友達もたくさんできたし、さまざまな価値観に触れることもできました。そうした経験が私の原点となり、常に新しいことにチャレンジしていたいという気持ちが強くなったのだと思います」
 就職活動で重視したのは、新たな挑戦ができる企業であること。そして、磨き上げた語学力を活かせるフィールドがあることだ。ティーガイアに惹かれたのは、どんなに若くてもその意見を尊重し、チャレンジさせてくれる環境があったからだ。
 「印象に残っているのは、説明会で『会社が人を選ぶのではなく、君たちが会社を選ぶんだよ』と言っていただけたこと。人を大切にしてくれる会社だということが、そのひとことに凝縮されていた気がします。また、スマートライフ事業においては、海外展開にも積極的だと聞いていましたので、やりたいことを実現できるのではないかと考えたんです」

仕事の成果が、目に見える喜び。

 現在、岡田はスマートライフ事業部で、スマホゲームやネットショッピングなどに使える、ギフトカードやPINコードによる決済サービスを担当している。彼女の役割は、ギフトカード発行元の窓口として、拡販に向けたキャンページの企画・実施、広告やポスターなどの制作・確認などを任されている。
 「流通を担う商社として、発行元企業と販売店舗の間に立ち、拡販に向けたさまざまな取り組みを支援します。たとえば、特定のゲームでその決済を利用すると“ゲーム内で使えるアイテムがもらえる”というキャンペーンを実施する時には、店舗に飾るポップやコンテンツ内での告知ページなどを制作するのですが、準備期間がほとんどないこともしばしば。緊急の修正などが入ることもあり、適切な判断・対応が求められます。折衝に苦労することも多いですが、それらを乗り越えた時には大きな達成感を味わうことができるんです」
 発行元と販売店舗の意見を集約し、スケジュールに頭を悩ませつつも、売上を最大化するための提案を怠らない。岡田は多忙な作業に流されることなく、常に柔軟な対応を心がけている。さらに、販売元が外資系企業であれば、英語でのコミュニケーションが求められるケースも多い。自分ならではの価値を発揮し、信頼を築いていける。その仕事には確かな充実感がある。
 「一番の喜びは、自らが関わったキャンペーンを目の当たりにできること。ギフトカードを購入しにコンビニに訪れたユーザーの方が、ポップを見てギフトカードを手にしているところを目撃した時は、何だか報われた気がして、小さくガッツポーズしてしまったくらいです(笑)」

期待に応えられる、私になりたい。

 日々の業務に確かな手応えを感じる一方で、「PIN決済サービスの新規発行元立ち上げ」を任されるなど、新たなチャレンジも始まっている。社内の事務手続きから営業まで。一連の流れを経験することで、事業の全体感を掴むことができたのだという。
 「希望叶ってこの事業部に配属され、ようやくビジネスの全容を理解できるようになりました。まだまだ勉強することはたくさんありますが、常にチャレンジする気持ちを忘れないようにしたいと思っています。自らの手で、人々をワクワクさせる新しい価値を創ること。それが、私の目標です。新たな国に事業を展開してもいいし、今はないビジネスを考案してもいい。上司や先輩方が『やりたいことがあれば、どんどん提案してほしい』と言ってくださるように、ティーガイアではそれが許されているんです。その期待に応えられるよう、成長し続けたいと思っています」

スマートライフ事業 営業岡田 桃子のある一日

 休みの日は、家で過ごす日と外に出る日の両方を作るようにしています。大好きなラーメンを求めて出歩く日。何も考えず、買ったばかりのテレビゲームで遊ぶ日。しっかりと遊んで、体を休める。休日を満喫することで心身ともにリフレッシュできれば、また仕事を頑張ろうという気持ちになれますからね。

学生へのメッセージ

 就職活動は自分を見つめ直す場であり、アピールする場でもあります。「やりたいこと」が明確な人は、それを基に企業研究・業界研究を深めていくこと、まだ、見つかっていない人は無理に業界絞らず、“軸を定めること”を意識してみてください。そうすれば、きっと「ここで働きたい」と思える会社に出会えるはず。もし、それがティーガイアだったとしたら、心から歓迎したいと思っています!

他のインタビューを見る

入社動機を教えてください

 学生時代に培った語学力を活かして、新たな価値の創造にチャレンジしたい。その想いを叶えられる場所がティーガイアでした。ギフトカードやPINといった新たな決済サービスを海外に広めるなど、現状にとどまらないビジネスに魅力を感じました。

どんな仕事をしていますか

 スマートライフ事業部にてギフトカードの発行元である外資系企業様との窓口を務めています。販売キャンペーンの実施、広告の制作・確認など多様な業務に携わっています。英語でのコミュニケーションが必要なことも多く、自らの強みを活かすことができています。