INTERVIEW

Interview05
大﨑 怜
2011年入社
コーポレート部門
経営企画部(事務)
PROFILE

西日本支社時代には大手通信キャリアとの商談や、営業担当を取りまとめる窓口という大役を経験後、期待を背に東京へ異動。現在はコーポレート部門の経営企画部で経営層を相手に奮闘中。

何よりも、人を大切にしてくれる場所で。

 幼いころからラグビーに打ち込んできた大﨑。しかし、故障によって選手生命を絶たれることになる。それでも、彼がトレーナーとしてチームに残ったのは、苦楽を共にしてきた仲間を少しでも支えていきたいと考えたからだ。何よりもチームを大切にする。そんな彼らしさは、就職先選びにおいても変わらなかったという。
 「人を大切にしているか否か。すべてはそこでした。選考段階で一人ひとりをしっかりと見てくれたこと。イキイキと活躍する魅力的な先輩社員。当時は、肌感覚でしかありませんでしたが、今なら、それが間違いではなかったと断言できます」
 配属されたのは、西日本支社。家電量販店向けの販売コンサルティングを担当し、関西最大規模の家電量販店の売上向上に貢献した。その後、通信キャリアとの交渉窓口役に抜擢され、売上計画の達成施策立案や、商品調達の交渉など、多様な業務を一手に任された。
 「当時は、スマートフォンが普及しだした時期。モバイル通信業界の発展と共に歩み、成長してきた自負があります。何よりも人を大切に考え、明るく、自由闊達な社風のもと、自分が思ったように仕事をすることができました。厳しくも温かい指導をしていただいた上司やお客様に心から感謝しています」

新人の気持ちで、チャレンジする日々。

 そして、現在、彼はこれまでのキャリアと180°異なる仕事にチャレンジしている。新たな配属先は本社コーポレート部門、経営企画部。経営陣の意志決定を支え、会社全体の発展や方向性を左右する重要なポジションだ。経営陣が参加する重要会議の準備や、市場に関わるデータの収集、各事業部から申請された新規事業提案に関わるデータの収集など、その業務は広範囲に及ぶ。
 「本当に転職したぐらいの気分でしたね。ずっとモバイル事業の最先端にいた私からすると、ここで話される内容や、英語3文字の略語や専門用語は外国語にしか聞こえない(笑)。この年になっても、新人という立場を経験できるのですから、会社って本当に面白いとつくづく感じます。ただ、全社の中で経営陣が議論する重要会議の場に参加できるのは限られた社員のみ。会社のトップが何を考え、どのように動くのかを目の前で見られることで、自らの視野が広がっていくのを実感しています」
 一方で、幅広い専門知識が求められる仕事に苦戦もしている。ティーガイアのすべてのビジネスや会社の構造、法律、財務……。日々、勉強し続けなければ、周囲に追いついていくことができないのだという。
 「確かにそれぞれの知識を深め、それがどういうことかを理解する必要はある。けれど、その分野のプロフェッショナルになれ、ということではありません。私の役割は、現場で培ってきた知識やメンバーたちの想いを汲み、会社の経営に反映させること。そして、ティーガイアをさらなる発展に導くための可能性をつなぐことだと思っています」

努力は決して裏切らない。

 彼は、自らを「任務遂行型」の人財であると話す。徹底的に、真摯にお客様や業務と向き合い、成果を出してきた彼は、会社全体・市場といった視野の広がりを得て、どこに向かおうとしているのだろうか。
 「このまま会社の経営という方向に進んでいくのか。それとも、会社全体の利益を考えて、ビジネスを進めていける人財を目指すのか。正直、まだイメージできていないのが現状です。ただ、まだこの部署で結果を出せていませんからね。そこから見えてくる新しい景色がきっとある。そう信じて、必死に頑張っているところです。いずれにしても、会社にとって欠かせない存在であり続けたいとは思いますけどね」
 ティーガイアには、自らが望めば、やりたい仕事、活躍できる仕事を見つけるチャンスがある。あとは自分が努力するか否か。そして、努力した自分を周囲は決して見逃さない。それを知っているからこそ、彼はさらなる挑戦に身を委ねることができるのだ。次に彼が見る景色は、どのようなものか。そこには無限の可能性が待っているはずだ。

コーポレート 経営企画大﨑 怜のある一日

 高校時代の故障で、ラグビーは断念したのですが、何か極めていけるスポーツをやりたいと考えて、ゴルフをしています。ベストは85。父と一緒に回ることが多いですね。ただ、東京に赴任してからは、ほとんど行けていません。ゴルフ場までの移動時間とプレー料金が倍以上になりましたから……。

学生へのメッセージ

 学生時代に将来のビジョンを具体的に描ける人は少ないと思います。私自身もそこが不明瞭なまま社会人になった一人です。ただ、そんな中でも、企業を決める軸だけはしっかり持って、いろいろな会社を見るべきだと思います。社会人には当然ながら責任がついて回ります。その責任をやらされ仕事でなく、この会社のために自らやりたいと思える会社と出会えるように、考えをしっかりまとめて、就活に挑んでください。

他のインタビューを見る

入社動機を教えてください

 自分が興味を持てる商材を扱える仕事で、「人を大切にしているか否か」を基準に就職先を探していました。一人ひとりをしっかりと見てくれること、先輩社員がイキイキと活躍していることが決め手になりました。肌感覚でしかありませんが、それが間違いではなかったことは言うまでもありません。

どんな仕事をしていますか

 経営企画部で、会社の経営を支える仕事をしています。経営陣が参加する重要会議の準備や、市場に関わるデータの収集、各事業部から申請された新規事業提案に関わるデータの収集など、多様な業務を担当。会社全体の発展や方向性を左右する重要なポジションです。