私たちの挑戦が、ティーガイアの未来を創る 私たちの挑戦が、ティーガイアの未来を創る
  • 人事・総務部長
    大和田 成伸
  • モバイル事業 営業
    高木 健人
    2017年入社
  • コーポレート部門 事務
    大橋 栞
    2017年入社
  • スマートライフ事業 営業
    小林 みくら
    2017年入社
  • ソリューション事業 営業
    濱田 聡一郎
    2017年入社

人こそが、ティーガイアの財産だ。

大和田 皆さんは、就職活動の時、ティーガイアにどのような印象を持っていましたか?

濱田 事業分野の幅が広いという印象がありました。企業の安定性はもちろん、いろいろなことにチャレンジしたいと思っていたので。そこが競合他社との違いであり、優位性だと考えています。

大橋 私はとにかく一つひとつの対応が丁寧だと感じました。面接前に社員の方と話す機会があったのですが、アイスブレイクで緊張をほぐしてくれたり、面接後にフィードバックをしてくれて次の面接への意欲を高めてくれたり……。そうした「思いやり」のある風土はとても魅力的でしたね。

小林 社員の方々がとてもフレンドリーだったことも印象的でしたね。面接の時に「逆質問をしてください」と言われたのですが、緊張のあまり用意してきた質問を忘れてしまって……。咄嗟に出てきたのは「タイムスリップして学生時代に戻れるとしたら何をしたいですか?」という、意味不明の質問でした。にも関わらず、「大恋愛をしたい!」と言って、場を和ませてくれたんです(笑)。しかも、かなり役職が上の方でした。

大和田 面接をする側も緊張していたのかもしれないですね(笑)。想定していない質問が来ることも多いから、こちらも結構、ドキドキしていたりするんです。高木さんはどのような印象をもっていましたか?

高木 正直に言うと、「営業成績などに厳しいノルマがあるのでは?」という先入観がありました。選考段階でお会いする人はみんな優しい人ばかりだったけれど、携帯販売台数業界シェアNo.1の会社ですからね。それでも、そこで結果を出して、成長してやるという意気込みはあったのですが。

濱田 でも、実際厳しいノルマはなかったよね。

高木 確かに営業だから目標は存在するのだけれど、決して一人で背負わされるわけではない。どうやって、みんなで達成していこうかというポジティブな環境があると感じています。ノルマではなく、目標。そこは非常に大きいと思っていますし、モチベーション高く仕事に臨むことができています。

大和田 仕事は、個人でするものではなく、チームでするもの。その考え方がしっかりと浸透しているのは、ウチの良さかもしれないですね。上司や周囲の先輩が「どうやって成果を出そうか」と親身になってくれますから。

大橋 人を大切にしてくれる、育ててくれる。その印象は、入社してより強くなりました。先輩たちは、後輩の指導に多くの時間を割いてくれますし、実際に「自分でやってみる」機会を積極的に用意してくれるんです。

小林 所属部署の先輩はもちろんですが、人事担当からの定期的なフォローもありますよね。不安なことはないか、将来どのようになりたいのか、本当に大切にされていると感じます。

大和田 ティーガイアの財産は、やはり「人」。それは、「人財」という言葉を使っていることにも表れていますよね。

濱田 そうですね。その想いを象徴するのが、入社後半年間の新人研修だと思いました。基礎的なビジネスマナーを身につけることはもちろん、すべての事業部の現場を体験することができた。会社への理解を深め、自分のやりたいことを探す貴重な機会だったと思います。

一人ひとりの「個性」が、私たちの強みになる。

大和田 入社後に不安を感じたことはありましたか?

濱田 希望していた部署に配属されなかった場合、この会社でどのように活躍していくかというビジョンがなかなか見えてこなかったんです。ただ、それも研修によって解消されました。全事業を一通り経験し、それぞれの事業の全体感を把握することで、全ての事業に活躍のチャンスがあると感じました。

大橋 研修期間は短いスパンで職場環境が変わるので、対応できるか、慣れることができるかと不安を感じていました。ですが、多種多様な仕事を経験し、たくさんの人と接する機会をいただけたことが、社会人生活に役立つ、貴重な財産になったと思います。

高木 新人ですから右も左もわからないし、何をすればいいかもわからない。そういう意味ではすべてが不安であり、何が不安かもわからない状態だったと思います。けれど、研修を通じて、少しずつ見えてくるものがあったし、未知の世界を楽しめるようにもなっていたんです。接客でミスをして叱られることもありましたが、それらすべてが貴重な経験になったと感じています。

小林 私も同じです。漠然とした不安はありましたが、多くの人と出会い、接する中で、少しずつ成長することができました。何よりよかったのは、将来の目標となる先輩たちに出会えたことです。相手を深く思いやり、人間としての魅力にあふれている……。そんな「もう一度会いたい」と感じてもらえる人財になることが、私の目標になりました。この会社に入社していなければ、出会うこともなかったでしょうから、ティーガイアに入社して、本当によかったと思っています。

大和田 そこまで言ってもらえれば、先輩たちも嬉しいと思いますよ。一方で、与えられるだけでなく、自ら主体的に考え、行動していくことが求められるのもティーガイアの特徴ですよね。皆さんが、今度チャレンジしたいと思っていることはありますか?

濱田 もともと情報通信関連を柱として会社選びをしていたので、コンシューマから法人までを相手にサービス、商品を提供し事業が幅広い商社的DNAもあるティーガイアに出会ったことは、不安より期待感の方が強かったです。付加価値を付けてお客様に新たなサービス、商品を提供できるようになりたいと思っています。

大橋 私は大学で保育教育を学んできました。現在、ダイバーシティ推進チームに配属となり、育児や介護の制度に関わる業務を担当しているので、そこでしっかりと個性を発揮したいと考えています。制度の普及や見直し、立案はもちろんのこと、社内に託児所を設置したり、将来的にはそれを事業化したり……。いろいろな可能性があると思っているんです。

大和田 価値観が多様化した現代社会において、一人ひとりの「個性」が企業の宝であり、イノベーションの源泉になるものだと思います。大橋さんが言うように、皆さんにはもっと積極的にアイデアを発信していただきたいですね。社内でも「事業創造」に関するアイデア募集などが行われていますが、「まだ新人だから」なんて気後れする必要はどこにもありませんから。自分が「やりたい」と思っていること、抱いている夢。そうしたものを大切にしてほしいですね。

小林 私は、ずっと“キャラクターを使ったコンテンツや商品をつくりたい”と考えていたのですが、スマートライフ事業部でその夢が叶いつつあります。まだ企画段階ですが、本当に充実した毎日を過ごせています。まずは、そのプロジェクトを成功させること。そして、まだまだやりたいことはたくさんありますから、大和田さんの言う通り、積極的にアイデアを発信していきたいと思っています。

高木 私たちは商社というポジションにいるので、社内だけでなく多くの企業を巻き込んで新たな価値をつくっていけると感じています。もしかしたら、通信キャリアの方々や先端技術を持ったベンチャーを巻き込んで、“未来のモバイル機器”を自らつくっていくことだってできるかもしれませんよね。まずはキャリアショップで仕事を深く学ぶこと。そして、ティーガイアだけでなく、業界を牽引していくような存在になりたいと思っています。

今後、TGでチャレンジしたいことはありますか?

  • 大きな夢はまだ語れませんが、まずはキャリアショップで店舗の一員として活躍し、その後は店舗を引っ張っていけるような存在になっていきたいです。TGの基幹ビジネスである販売で力をつけた後は関連商材をしっかり学び付加価値を生み出し、会社を牽引していく存在になっていくためにも自分ができるようになったことは後輩にも伝えていきたいです。

  • 人事・総務部に所属している今は会社についての理解を深めて、その後社員が働きやすい環境を整えていく仕事に携わることが目標です。そのために世の中の流れや、改正されていく制度にも目を向けていく必要があるので日々自分から学ぶ姿勢を忘れずにいたいです。また社会人として必要なスキルを学べる機会がたくさんあるので、多くのことを吸収して今後のキャリアプランに活かしていきたいと考えています。

  • TGでチャレンジしたいことは、キャラクターを使用し携帯関連の商品を作ることです。現在、店舗関連事業部で2つの仕事に携わらせて頂いています。新規コンテンツの開発と他代理店でのコンテンツ卸の営業です。ここでの仕事は会社の利益になるだけでなく、全て自分自身のやりたいことに直結しています。先輩方から学べること・経験したことはすべて吸収し、将来的にキャラクターコンテンツを作る際の知識と経験にします。

  • 新しいお客様を創り出すということにチャレンジしたいと考えています。現在所属しているICT推進部では、まだまだ勉強中ではありますが、新しい商材に詳しくなり、様々な角度から提案を行ない、新規顧客に繋げたいと思っています。これから様々な部署を経験するとは思いますが、新しいお客様を創り出すということを念頭に置きながら業務に励んでいきます。