INTERVIEW

Interview03
久保川 智尋
2017年入社
ソリューション事業
営業
PROFILE

一見もの静かな印象だが、学生時代にはテニスに打ち込み、県大会で好成績を上げるなど実績を残している。また、いつでも元気な笑顔で周りに癒やしを与える人財だ。

世の中に欠かせない仕事を。

 ホスピタリティを発揮できるサービス業に就く。大学で人間科学を学んでいた久保川だが、その考えを大きく変える出会いがあった。営業としてB to Bのビジネスに携わる大学OGの話を聞き、商社に関心を持つようになったのだ。軸としていたのは、世の中に欠かせない商材を扱っていること。鉄、半導体、プラスチックなど、多様な業界を見て回った。
 「世の中に欠かせない商材を通じて、影響力の大きい仕事がしたい。そして、自らも成長し続けていたい。そんな思いを満たしてくれる会社がティーガイアでした。モバイル通信という分野なら、より多くの人々に喜んでいただける。ビジネスを発展させるお手伝いができる。そう確信できました。すでに世の中に普及した携帯・スマートフォンですが、これからも形を変え、進化を遂げることで、世の中をもっと豊かにしてくれるはず。ここでなら、いろいろなことに挑戦していけると思ったんです」
 世の中に欠かせないものを扱う会社なら、他にいくらでもある。にも関わらず、ティーガイアが久保川にとって特別な存在となったのは、そこで働く「人」や会社の風土が魅力的だったからだ。
 「その魅力を一言で表すなら、『どこよりも優しい会社』であることです。面接で出会う方、向き合ってくれる人事の方、そして、明るくて気さくな同期のみんな。この人たちと一緒に働きたいと素直に思えたのは初めてでした」

少しずつ、自分にできることを増やす。

 入社後、半年間の研修を終えて、配属されたのはソリューション事業部。法人向けにスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を販売するほか、社員が端末を紛失した時のセキュリティ対策システムや、ビジネスを快適にするコミュニケーションアプリなど、多様なソリューションを提案していくことがミッションだ。まだ配属されて間もないこともあり、契約書作成などの社内事務や、新規顧客のリスト作成・アポイント獲得、先輩社員の営業に同行するといった仕事が中心だ。
 「とにかく勉強することがたくさんあって、毎日が発見だらけ。とくに先輩の営業に同行した際には、いろいろな発見があります。どうやって話題を膨らませていくのか。お客様の困りごとをいかに引き出すか。そして、商材のメリットを的確に伝えるにはどうするのか……。もうすぐ、私も担当顧客を持つことになりますので、焦りも感じていますが、まずは一つひとつ知識を蓄えて、自分にできることを増やそうと心がけているんです」
 同行営業を重ねていく中で、先輩社員からも成長の機会を与えられている。ただ、横で見ているだけでなく、一部の商材に関する説明を任されるなど、積極的にチャレンジする機会を求められているのだという。
 「説明が不十分だったり、お客様の咄嗟の返しに応えられなかったり。まだまだ未熟さを痛感する日々ですが、機会を与えてくれる先輩に応えるためにも、少しずつ自分にできることを増やしていきたいと考えています」

すべての行動を、お客様のために。

 先輩社員の仕事に触れ、その知識を貪欲に吸収していく。そうした日々の中で、久保川は着実に成長を遂げている。目下の目標は、自らが獲得したアポイントを、自らの手で受注に導くこと。担当顧客こそ持たされていないが、積極的なアプローチを貫いているのだという。
 「私たちの仕事は、“ただ、ものを売る”のではなく、“ソリューションを提案すること”です。これまで先輩の仕事ぶりを見て、そのことに気づかされました。目の前のお客様が困っていることを解決する、よりよい価値を提案する。それは、ソリューション事業に関わらず、すべてに共通することだと思っています。お客様に満足していただけなければ、売上目標を達成することもできません。すべての行動をお客様のために、それが自分の成果にもなる。そこに、この仕事の醍醐味があるように感じています」
 多くの人々に支えられながら、自分にできることに全力で取り組む。久保川の挑戦はまだ始まったばかりだ。今日もまた、彼女はアポイント先への営業に出かけて行く。キャリアの第一歩となる「成果」が、さらなる成長のきっかけになるはずだ。

ソリューション事業 営業久保川 智尋のある一日

 休日は、あまり外に出ることなく、家でゆっくり過ごしています。おいしいものを食べながら、撮りためたテレビ番組を観る。それが至福の時ですね。とくにあの“国民的推理アニメ”は欠かせません(写真は、そのアニメとコラボしたハンバーガーセットを食べに行ったときのものです。)ただ、最近、先輩から「引きこもり過ぎはイカン」と言われたので、学生時代に打ち込んだテニスをもう一度始めようと思っています(笑)。

学生へのメッセージ

 自分がやりたいことを見つけて、それを実現することができる会社を探す。それが理想的だと思います。就職活動は本当に大変ですし、思い通りにいかないこともたくさんあるでしょう。ですが、その苦しみは今後に活きる貴重な財産になるものです。視野を広く持って、一生懸命に頑張ってください!

他のインタビューを見る

入社動機を教えてください

 世の中に欠かせない商材を取り扱う企業を中心に就職活動をしていたところ、携帯電話を商材としているティーガイアに出会いました。生活に密着した商材を扱い、かつ積極的に新しい事業を展開している姿勢に共感しました。

どんな仕事をしていますか

 法人顧客向けにモバイル端末の営業をしています。また、それだけに留まらずセキュリティに関する商材やアプリの導入など、ビジネスをより便利にするソリューションも提案します。配属されたばかりの新人ですが、先輩の営業に同行し知識を深め、自分の営業スタイルを確立しているところです。