INTERVIEW

Interview04
高橋 延之
2015年入社
ネットワーク事業本部
営業
PROFILE

法学部卒業。少年時代からサッカーに打ち込み、勝つことにこだわり続けた。ゲームメーカーとしてチームを牽引。「周囲を動かすタイプ」と本人は語る。

お客様の想いに応えたい。

 やるからには、誰にも負けたくない。スマートな容姿からは想像もできないような熱さを持っている男。それが高橋だ。就職活動で重視したのは、「何をするか」ではなく「誰と働くか」。選考中の手厚いフォローが、ティーガイアを選ぶ決め手になったのだという。
 「面接が終わると『ここがよかったね』とフィードバックしてくれたり、アドバイスをしてくれたり。とにかく、一人ひとりをしっかりと見てくれている印象がありました。どんなに仕事で成果を出しても、それを評価してくれない環境ではやりがいもありません。『この会社なら、自らの仕事を認めてくれる』『持てる力を思いっきり試すことができる』と感じました」
 高橋には明確な目標があった。それは、営業成績でNo.1になること。入社時の新人挨拶でも高らかにそれを宣言したというから、その度胸には恐れ入る。そして、それを嘘で終わらせないのが、彼のすごさ。最初に配属されたモバイルショップにおいて、光ブロードバンドサービスの販売実績第一位を獲得したのだ。
 「正直、なんでもいいから、とにかく売るみたいな気持ちはなかったですね。お客様が何を求めていて、どのような価値を提案したらいいのか。心がけていたのは、それだけです。こちらの都合を押しつけるだけなら、仕事なんてしないほうがいい。ちゃんと使っていただけるものを提案して、お客様に少しでも喜んでいただきたい。その想いは今も変わることはありません」

築き上げた信頼が、人を動かす。

 ショップでの実績が認められ、高橋はティーガイアの新規事業であった、ネットワーク事業部に異動となる。扱うのは、法人向け光ブロードバンドサービス「TG光」。直接、営業を行うだけでなく、パートナー企業と連携しながら、商品を提供していくことがミッションだ。
 「通常の営業なら、自ら努力し、動けばいい。ですが、現在の営業スタイルは、人を動かして収益を上げていくもの。どちらかというと、マネジメント色が強い仕事なのですが、そこに大きな苦労があるんです。パートナー様に積極的に動いてもらうにはどうすればいいか。日々、頭を悩ませています」
 ネットワーク事業部のパートナー企業は、オフィス機器や電話機、コピー機などを本業としている。彼らの立場からすれば、『TG光』は「最優先で売らなくてはいけないもの」ではないわけだ。自らの手で販売実績を積み重ねることと、人を動かして収益を上げることは、根本的に異なる。高橋は、成果を上げるためのポイントをこう話してくれた。
 「パートナー営業において、何よりも大切なことは動機づけです。熟練の先輩たちなら、『必ず売れる方法』を示して、『利益』という動機を提供できるのですが、まだ私にそこまでの力はありません。けれど、経験がないことは、成果を上げられない理由にはなりません。私が常に心がけているのは、『信頼』される営業であること。パートナー様の営業に積極的に同行したり、困ったことがあればすぐにサポートしたり。そうした泥臭い積み重ねが、『高橋さんのためなら』という動機につながっていくと考えています」

新規事業を担う重責に喜びを感じて。

 パートナー企業の社長や責任者と、何度も打ち合わせを重ねる。営業活動をサポートし、事務作業を含めた運営まで全てに携わっていく。重責を伴う仕事を一任され、高橋は充実した日々を過ごしている。
 「新規事業に携われることは大きなやりがいですし、今後の社会人人生において、とても貴重な経験になると考えています。まだまだ同じ部署にいる “歴戦の猛者たち”には太刀打ちできませんが、追いつき追い越してやる気持ちを忘れず、頑張っているところです(笑)。どうせやるなら、誰にも負けたくない。目指すのは、いつだってNo.1。そうでなければ面白くありませんからね」
 目指すのは、ティーガイアでNo.1の人財。まだまだ道半ばではあるが、目標が高ければ高いほど燃えてくる。高橋の挑戦はこれからも続いていく。

ネットワーク事業 営業高橋 延之のある一日

 オンオフがハッキリしているのも、ティーガイアの特徴。私は、会社のフットサル部で副部長を務めています。泥臭く努力する仕事とは違って、サッカーのプレーは割とスマート。キラーパスで“仲のいい同期”をこれでもかと走らせていますよ(笑)。月に1〜2回程度、仕事終わりにみんなで楽しんでいますので、入社した暁にはぜひ一緒に楽しみましょう!

学生へのメッセージ

 「就職活動は大変だ」と考えている人が多いようですが、何事も楽しむことが大切。多くの人と出会い、いろいろな企業を知ることで、新しい世界が開けていく……。面接を“試されている場所”として捉えるのではなく、“自分自身が学び、成長するための場所”だと考えてみてください。前向きな気持ちでいれば結果はついてきますし、ワクワクすることがたくさんあると気づけるはず。頑張ってください!

他のインタビューを見る

入社動機を教えてください

 就職活動の際、「どんな仕事をするか」よりも、「どんな環境で働くか」が重要だと考えていました。業界最大手で複数の事業を展開しているティーガイアでは、自分自身が持てる力を思いっきり試すことができる、そう思えたことが一番の入社理由です。

どんな仕事をしていますか

 法人顧客向け光アクセスサービス「TG光」の営業をしています。通信事業者として、サービスを提供するだけでなく、パートナー企業と連携しながらサービスの拡販を行っています。通常の営業と比べるとマネジメント色が強いビジネススタイルですので、取引先からの信頼を得るために努力を重ねています。