私たちの挑戦が、ティーガイアの未来を創る 私たちの挑戦が、ティーガイアの未来を創る
  • ドコモショップ中野駅前店
    店長塩﨑 朝陽
  • ドコモショップ中野駅前店
    チーフ笠原 萌
  • ドコモショップ中野駅前店
    スタッフ島田 実咲

優しく、受け止めてくれる人がいる。

――本日は中野駅前店の皆さんにプロスタッフ職の仕事内容や、やりがいなどを語っていただこうと思います。まずは、それぞれの入社動機からお聞かせください。1年目の島田さんからお願いします。

島田 とくに業界や職種にこだわりはなかったのですが、ひとことで言うなら「あこがれ」が決め手でした。学生のころから、モバイルショップに行く機会は多かったのですが、接客してくれるスタッフの方がとにかくカッコよくて。凛として、てきぱきと対応してくれる……。私もこうなりたいって思えたことが大きかったと思います。

笠原 私の場合は、人ですね。説明会ですごく親身にしていただいたので、それで決めました。丁寧に面接のフィードバックをしてくれたこともそうですし、採用が決まった時なんて、電話の向こうで人事担当の方が喜んで、一人で盛り上がっていたくらい。本当に人を想ってくれるんだなと。

島田 笠原さんは盛り上がっていなかったんですか?

笠原 前日にいろいろ予定が詰まっていて、昼前まで寝ていたの。何だかボケーっとしていた記憶しかなくて(笑)。

塩崎 寝起きに採用の連絡ってすごいな。でも、やはり「人」はティーガイア最大の魅力だよね。私は派遣社員からスタートしたから、とくに就職活動をしていたわけではないんだけど、お店で働いている先輩に憧れて、ここで働きたいと思うようになったから。

島田 どんな方だったんですか?

塩崎 とにかく仕事に対して真摯で、厳しい人。そして、部下のことを一生懸命に考えてくれる優しい人だったな。当時、私は平気で遅刻してくるようないい加減なヤツだったんだけど、それでも真剣に向き合ってくれたのがその人だった。叱られた思い出ばかりだけれど、今の自分があるのはその人のおかげ。本当に感謝しているんだ。

島田 厳しいとはいっても、「今できないこと」に対して責められることは絶対にないですよね。人に対する想いとか、手厚さがティーガイアの魅力だと実感しています。お客さまから厳しいご指摘をいただいたり、知識が不足し私では対応できなかったりすることも多いのですが、積極的にサポートしていただける。笠原さんにもお世話になりっぱなしで……。

笠原 私自身、ずっと先輩に支えてもらっていたし、私たちはチームで仕事をしているわけだから。優しく、しっかりと受け止めてくれる。そうした環境があることは間違いないよね。

プロスタッフは、「価値」を提案する仕事。

――次は、仕事の内容についてお聞かせください。プロスタッフ職とは、何をする仕事なのでしょうか。

塩崎 端的に表現するならば、お客さまに「価値」を届ける仕事だと言えます。決して、モノを売る仕事ではありません。お客さまの暮らしやビジネスをよりよくするために、私たちにしかできない提案をしていく。それが、ティーガイアらしさでもあると思っています。

――価値を提案する。言葉にしてしまえば簡単ですが、なかなか実行できることではありません。日々の仕事において、大切にしていることを教えてください。

島田 そうですね。私自身、仕事を始めたばかりのころは、お客さまに煙たがられるんじゃないか。私たちの都合で商品やサービスをご提案して、怒られてしまうのではないかなどと後ろ向きになってしまうことが多かったんです。けれど、そこで私が提案を怠ってしまえば、月々の料金がもっと安く済むはずがそのメリットを受けられないことになってしまうわけです。自分自身が前向きになること。おすすめするスタンスで臨むことが大切だと気づいてからは、しっかりと価値を提案する仕事ができるようになったと思います。

笠原 提供するサービスに自信を持って、前向きにご提案する。そうしたマインドを持つことが第一歩だよね。そして、その先に求められるのが、お客さまに信頼していただける存在になること。どんなにメリットがあったとしても、見ず知らずの人から言われたことは受け入れられないもの。一つひとつの行動で、「自分のことを考えてくれる人だ」と思っていただかなければいけないんです。

塩崎 実際に、スタッフを名指しで来店される方もいらっしゃるけれど、笠原さんはその数が飛び抜けて多いよね。

島田 そうですよね! 本当にすごいなって思いますし、私もそうなりたいと思うのですが……。具体的にどんなことを心がけているんですか?

笠原 とくに何かを心がけているわけではないけれど、まずは自分の強みを持つことかな。私の場合はスピード。たとえば、機種変更なら、他の人の4倍は早いかな。「こんなに早く終わるの!」って驚いてくれる方もいらっしゃるし。

塩崎 早いだけじゃなくて、丁寧だよね。ちゃんとお客さまを見て、求められるサービスをしているのがわかるから。そういう意味では、島田さんも今が伸び盛り。この間のお客さまアンケートで、すごく褒められていたでしょ?

島田 「人生でここまでのサービスを受けたのは初めて」と書いてくださったお客さまがいたんです! 今までの苦労が報われた気がして、本当に嬉しかったです。やはり、お客さまに喜んでいただくことがいちばんのやりがいですね。

笠原 生の声って本当に嬉しいですよね。私も「美人だ」って書いていただいたことがあって……(笑)。

塩崎 それが、いちばん嬉しかったのね……(笑)。

島田 嬉しくないはずないですよ! 羨ましいです(笑)。

誰もが楽しく働いて、成果を出す。最高の店に。

――皆さんを見ていると、本当に明るく、壁のない関係が築けているのだなと感じさせられますね。

塩崎 やはりみんなが楽しく仕事ができる環境がなければ、成果も出ませんし、成長意欲もなくなってしまいます。店舗の異動は頻繁にあるものの、同じ場所で仕事をすることになりますからね。そうした環境をつくっていくことは店長の責任だと思っています。

笠原 店長はとにかく明るくて、喋りっぱなし。その影響で私もかなり明るくなりました。もともとそんなタイプじゃなかったのに。

島田 本当ですか?でも影響を受けているのは、私も同じです。もともと「自分の仕事はここまで」みたいな割り切ったタイプだったのですが、前向きにいろいろなことに挑戦しようと思えるようになったんです。

――ティーガイアでの仕事や、上司・先輩の影響が成長につながっているのですね。では、最後に今後の目標を教えてください。

笠原 チーフの役割は、自分ができることを後輩にもできるようにしてあげること。チームをさらに強くしていくことです。まだまだ、マネジメントする力が不足しているので、さらに成長を続けて、いつかは一つの店舗を任されるくらいの人財になることですね。

島田 私の場合は、まず目の前の仕事をしっかりとできるようになることですね。そのために、ドコモの「フロントスペシャリスト」という資格を取ろうと考えています。合格率10%という狭き門なので、通勤時間も製品知識を勉強するなど、とにかく必死に頑張っています。

塩崎 彼女たちの努力があって、中野駅前店はドコモさまから表彰され、報奨金をいただくほどの成果を出せています。この仕事のすべては「人」です。メンバーがいつも輝いていられる場所であり続けるために、私自身も成長し続けていきたいと思っています。今期も成果を出して、みんなでおいしいお酒を飲みたいですね。

笠原 でも、お店のチョイスは問題ですよね。中野にはたくさん美味しいお店があるのに……。

島田 私もそう思います!

塩崎 それは、幹事の個人的な課題かもしれないね(笑)。

今後の目標を教えてください。

  • まずは、自らの責任をしっかりと果たせる人財になること。新たな目標が見えてくるのは、それからだと思っています。「フロントスペシャリスト」の資格を取り、自信を深めることで、価値あるサービスを提供できるプロフェッショナルへと成長したいと思います。

  • 店長をはじめ、多くの上司の背中を見て、ここまできました。中野駅前店をより強く、素晴らしいチームにするために、リーダーとしての力を磨いていきたいと考えています。さらに成長し続けることで、近い将来、ひとつの店舗を任されるようになりたいですね。

  • 何よりもメンバーが楽しく仕事に向き合える環境をつくること。それが私のミッションです。時に厳しいことを言うこともありますが、全員が一丸となって支え合いながら、同じ目標に向かって努力し、会社を牽引していける存在になりたいと思っています。